最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月26日 (月)

ご無沙汰しております & 西海岸の近況など・・・

BBS、相変わらず閉鎖中でご不便をお掛けしております。

もうそろそろ復帰してもよいかなーとも思っておりますが、2月までとりあえずメンテナンスということで外させておいてください。

その代わりといってはなんですが、この辺りの近況など。

こちらをお休みしている間に大統領はついに藪くんからオバマくんへと大きく変化したのですが、この辺りの光景はどうかといえば ・・・・・ 日に日に寒さが募ります~♪

えぇ、もう今年の冬は特別寒いですが、それ以上に景気が半端じゃなく寒いです。

例えば、住宅について。

アメリカでは学校区が良いとそこに通うためにわざわざ家を買って移動してくる人が多く、つまり、学校がよければその辺りの人気は高く、その為地価には物凄い値段がつくこともあります。

そして私の住んでいる地区は、幸か不幸か・・・・っというか、住むときに住人の推薦があって住んだその学校優良区のうちの一つでして、家賃が高いのが本当に辛いくらい(なにしろ、うちの収入の半分を軽くもっていってくれますから・・・健全な家計って、たしか家賃は多くても収入の1/3くらいだったような・・・・・)、そして売りに出されると翌日には売れてしまう、なんていう地区なのですが・・・・・。

ここ数ヶ月、「売り家」の看板が外れない家が数件、いやそれどころかしっかり増えてきています(汗)

初期の頃はまだ何人もの人が訪れていた家も、今はぱったり、人も途絶えて ・・・・・ えぇぇぇぇぇ?????っという光景に。

明らかに家が売れていません、資産価値も下がっている様子。

一時の信じられないような高騰ぶりが嘘のように消えて ・・・・・・・・・ 今は場所によっては半額にまで落ち込んだそうです。

そしてもっと日本では考えられないようなことが、私の周りで起きています。

・・・・・・・・ といいますのも、それらの住宅ローン。

払っていないで滞納している人がこの辺りの地区でも、かなりいるのだとか。

噂では全体の20パーセント近くが払っていない・・・・つまり、5人に1人は払っていない???

(これについて、今資料をちょっと探してみましたが、みつかりませんでした。なので飽くまでも人伝えの噂の域ですので、眉唾半分で聞いてください)

かくいうわが同僚のお一人も、4ヶ月ほど滞納されているとか。

(彼女は自宅の他に投資用に数件持っているという云わば、大家さん)

大丈夫なのか??と尋ねる私たちを前に、彼女いわく、

「どうせ返せないんだったら、手元に現金を置いておかなくちゃ。

それに私の友達は半年も払っていないけど、なんともなっていないから。大丈夫でしょ。」

・・・・・・ そーいうものなのか???それでいいのか????

もう一人の同僚と、

「これって、買ったもん勝ちの世界???」

と首をひねることしばし。

これじゃあ、その住宅ローンを貸し出している銀行が潰れるのも無理はないわなぁ・・・と、妙な納得。

闇はどんどん深くなっていくばかり・・・・といった具合です。

会社も「え?」と思うようなところが、リストラをしたり、潰れてみたり。

先日も、取引先の企業へとお邪魔してみると、少し前まで煌々と照らされていた工場の中は照明も半分以上に落とされ、人がとにかくいない????

ラインはまったく稼動していな状態で、何よりも駐車場に車がない ・・・・・。

去年、同じ時期にお邪魔したときにはこの駐車場、車が溢れんばかりで停めるところを探すのも大変だったのに。

で、社長にお話を伺えば、取引先からキャンセルにつぐキャンセルにより、物をこの数週間全く作っていないのだとか。

従業員も週40時間の仕事を30時間に減らしているとのことで・・・つまり、週休3日になっている様子。

この工場はアメリカでも屈指のある特殊な物を扱っている会社ですので、注文が全くないというのは本当に考えられないようなところなのですが、それすら止まっているのです。

なら、それ以外のところも・・・・・、といった具合です。

今年からまた消費税も1.5パーセントあげるらしいですし (とほほ。今現在だって、8.5パーセント近く払っているのに・・・・)それと反比例して、公共サービスはレベル大幅ダウン。

場所によっては公立小学校・中学校が突然閉められたそうな。

(ここの生徒さんたちは日本の常識だったら、ちょっとはなれたところの学校へと統合してもらえるのですが、ここはあくまでも資本主義の発達したアメリカ。今、受け入れる余地というか予算などなく、それにより現在、自宅待機をさせられているそうです・・)

一体、どこまで落ちていくのか・・・・といった風情のこの辺りです。

果たしてシリコンバレーがもう一度、元の姿を取り戻すことが出来るのか?

いや、それ以前にこの嵐から皆、生き残ることができるのか???

段々、ヤマトの世界に近づいてきたような感すら感じたりして ・・・・。

ヤマトの世界は好きだけれど、同じような事態にはやっぱりなって欲しくないですよね。

あぁ、この危機をなんとか速攻でワープできる方法があったらいいのになぁ・・・・。

☆更新、本当に遅れてごめんなさい。

2008年内どころか、2009年1月も過ぎてしまっているような・・・・(汗)

出来るだけ早く残りの分を消化させますので、今しばらくお待ちください。

宜しくお願い致します。

2009年1月13日 (火)

人類滅亡まであと・・・・・○ヶ月?!

・・・・・ とは、ちょっと意訳のしすぎですが、WEBの海を漂っているうちにこんなサイトさんを見つけました。

イギリスのシンクタンク『New Economics Foundation』が去年8月に発表した、地球温暖化の大暴走をくいとめる為に残されている時間、100ヶ月をカウントしているサイトさんです。

(よろしかったら、以下のリンクをクリックしてみてください)

100 Months and counting.....

リアルに聞こえてくる時計の音が、まさにヤマトの世界を現しているかのようです。

しかも、これはフィクションじゃない、まさに現実の音なんですよね・・・・・・ヤマトのラストのテロップは私たちを高揚させてくれますけれど、こちらの方は正直、目の前が暗くなってきます。

なにしろヤマトの世界なら、ヤマトがコスモクリーナーDを持ち帰ってくれればそれで殆ど解決でしたけれど、私たちの現在の生活ではそうは言っていられないのですから、本当に辛い。

現にここ数年のこの辺りの気候も本当に変なことになっており、この先、どうなってしまうのかとリアルに心配をしなくてはならなくなってきました。

とはいえ、今現在、世界中で吹き荒れている不況の大嵐は個人的にも辛いところがありますが、逆を反せば、この不況によってストップしたこともあるので少しはこの時計の針を後ろに戻すことが出来たのでしょうか・・・。

天の神様が少し考える時間が私たちに与えてくれているのかもしれませんね・・・・・。

2009年1月11日 (日)

明けましておめでとうございます

かなり遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

本体も、ですが、こちらもすっかりご無沙汰しておりました。

皆様、お元気でらっしゃいますでしょうか?

BBSが今、ちょっと問題を起こしておりますので、こちらからのご挨拶とさせて頂きたいと想います。

さて、冬至も過ぎて1ヶ月近くになるからでしょうか、気温はまだまだ低いシリコンバレーではありますが、なんとなく春めいてきました。

今週末も天気がよかったので、ついつられて、ちょっと離れたところにあるのですが(車で1時間半くらい?)ミカン狩りをやらせてくれる果樹園へと出かけてきました。

Sdsc00426

  ↑ こんなアリアにおけるアクアの世界を彷彿させるかのような道を行きます。

Sdsc00427

    ↑この辺りは風車だらけ。上記の風車は小さいのですが・・・

   ↓こっちは本当に巨大。下に映っている車の大きさと比べてみてください。

Sdsc00428

ここがまた、アップダウンの激しい峠道で、バイクならさぞかし楽しめただろうといったところなのですが、車には、特にうちのようなバンにはきつい。

こんなところを通って本当に果樹園なんぞあるのか・・・・と不安になること20マイル。

途中、迷子にもなりました ・・・・・・ えぇ、道だけはなんとかあっていたのですが、

ネットで調べて出ていた住所は直営所の方。

しかも、そこは無人販売所だったりして・・・・・お目当てのピックアップができないっ?!!

しょうがないから、置いてあるものだけ買っていくかとがっかりしていたら、丁度果樹園からもどってきたおじさんが来てくれて、なんと自らピックアップトラックに乗って誘導してくれました~

よかった、おじさん、ありがとう・・・・とても私では見つけ出すことができなかったような場所でしたよ・・・うう。

Sdsc00419

 で、ついた先に現れたのが、この果樹園。

 全部で15列、3列ごとに違う種類のミカンが植えてあり、試食はいくら食べてもただ。

 切ってお持ち帰りの分だけ量り売りという太っ腹な方式ですが・・・正直、ミカンなんていくらも食べられませんっ!!

結構頑張ってみたんですが、一人3個くらい食べたところで、我が家はダウンでした・・。

Sdsc00423

 ↑ 我が家の収穫は、上の通り・・・・上から写したのでいまひとつ量が分かりづらいですが、日本のミカン箱の半分くらいの量かな?

 ちなみにお値段は、$11.77 でした。

 おまけに、この果樹園でとったというはちみつを買ってきましたが、こちらも

Shachi_3

これだけ入って、$12 というお安さでした~♪

ちなみにここの果樹園のURLはこちら →  http://www.peterwolfe.com

アメリカンチェリーと桃のpick もやっているということなので、次回はそれにもチャレンジしてみます。

次こそは、迷子にならずに辿りつくぞっ?!  

« 2008年11月 | トップページ | 2009年3月 »