最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

突然ですが・・・

不況もますます悪化を辿り、治安がみるみるのうちに悪化している、北ベイエリアです。

9・11テロの時にも、一夜にして雰囲気が変わったこの国を見て、もう多少の事では驚かないつもりではおりますが、それでもやはり、昨日まで平和だった光景が、すべて蜃気楼のように儚く、またしても自分が治安に脅かされる日が来ようとは、という事態になっております。

幸いにして住んでいる地域は全米でもかなり安全な地域にあり、未だ、おばちゃんや若い女の子が夜になっても犬の散歩なんぞをさせているところなのではありますが、ここから北に40マイルほど離れた町では、本当に馬鹿な知事さんがいたおかげで州の予算不足により刑務所が運営できないために仮釈放となっていた犯罪者が、4人もの警官を殉職させるなんていう事件を起こしてしまい、またかつ、これはうちにもかなり近いところなのですが、銃砲店が襲われて100丁もの拳銃が奪われたのだとか。

警官を殉職させた犯人は、SWATとの交戦により射殺はされましたが、この100丁もの拳銃を奪った犯人についてはまだ捕まっておらず、(まぁ、恐らくはメキシコ等へと持ち去られたのだとは思いますが)不安は隠せない状況になってしまいました。

まったく、去年までのあの勢いはお母さん、どこへいったのでしょうね??

恐らくは星を失ったガミラス人はこんな心境だったのではないかと推測はしておりますが、それでもその一方で、この辺りは流石に逞しいアメリカ人。

「怖い」「この先、この国はどうなっちゃうの?」とは言葉ではいうものの、その次の言葉が「あ、そういえば、今度政府から○○の予算がでるんだって~~。どうやったらそれ、もらえるかしら??」とチャンスを伺うこと限りなし。

実際、もらえるチャンスのないはずの物にすら、「出してみなくちゃ分からないわよっ!」と強気で押してしまっている・・・・絶対に無理だっていうのに。凄い、凄いぞ、アメリカ(笑)

これが日本人だったら怖くて立ちすくむような場面だろうな~、やっぱりガミラス人にアメリカ人ってかなり近いのかもしれない・・・・・なんて、妙な感心をしてしまいます。

私も怖がってばかりいないで、少し、あの強さを見習わなくては・・・とは思っており、また、こんな国の行く先を一緒に歩むか・・・と思っていたのですが。

ここに来て、私にもまさに個人的「遊星爆弾落下」的大事件が立て続けに大勃発となりまして。

すみません、前置きが大変長くなりましたが、恐らくは80パーセントくらいの確率で、ここ北カリフォルニアから引っ越すこととなりそうです。

この80パーセントの内訳を申しますと、60パーセントが東京、残り20パーセントが別の州へ。

この一ヶ月の間に決断をすることとなりました・・・・どうしましょ(--;;;;

実際、考えもしなかった話を前に今はパニック状態に近く・・・・。

不況の風が吹きまくる中、オファーをくださった会社があるというのは大変有難いことであり、私の乏しいキャリアではまさに奇跡といっていい状況ではございますが、何分、子供たちの教育が大問題。

今度の9月から大学に進むはずだった長男、またあと1年で高校が終わるはずだった次男、そして何より頭を痛めるのが、アメリカ生まれのアメリカ育ちでアバウト、全くといっていいほど日本のことを知らない三男。

こいつらを引き連れて日本に戻って大丈夫なのか??と頭を抱え、現在思考停止中・・・。

(大体、何処に住んだらいいのかも頭を悩ませます~、勤め先が山手線内なので、そこが基盤となりますので・・・)

といったところで、申し訳御座いません、ヤマパへの参加はかなり厳しく、また暫くの間、アルビレオの方は更新が滞るかと思います。

(本当にごめんなさい、本当はじゅんさんからお話をお預かりしておりまして、公開せねばならない状況なのですが・・・こちらについては近日中にできるだけ早く公開させていただきますので、もう暫く御待ちくださいませ)

以上、まったくもって、前置きが大変長くなってしまいまして申し訳御座いませんが、何卒よろしくお願い致します。

2009年3月 8日 (日)

またしても、ご無沙汰しております&近況報告

本編の更新もすっかり滞っておりますが、皆様、お元気でらっしゃいますでしょうか?

私もなんとか元気にやっております・・・・が、気分はかなり暗いです(ごめんなさい、こういったことを書きたくないが為に、おさぼりしておりました・・・いえ、いつもの怠け癖が大半ではありますけれど)

何分こちらでは、日本でも連日流れているので皆様、ご存知でらっしゃるかとは思いますが、昨年の10月から一気に駆け下りているというか、それこそインドネシア大津波のような勢いで不況が押し寄せており、底が全く見えない状況となっております。

オフィスの空きも、あれだけ大きかった車屋さんのいくつかが空っぽになっているのも、全然珍しくない。

人々が口を開けば、景気の話。

お店は1年前では予想もつかぬような大きなディスカウントを掲げたビラを配ってはおりますが、人は入れど、やっぱり物が売れない。

朝のラッシュはそれなりにまだあるのですが、帰りのラッシュは事故でもない限り、1年前では考えられないほどの空き具合。

まだそれも、先週まで勤めていられた人がいればこそ、ですが、一昨日の金曜日はまた一段とリストラが進んだとのことでしたので、明日はどうなっているのか、全くわかりません。

かく言う私のまわりでも、このリストラが現在進行中で、今、先が全く分からぬ状況になっております(私の場合、このままだとリストラに遭うよりも、恐らく営業所の閉鎖が先にきそうです・・・・・)。

近所に住む友人の旦那様のオフィスも、この金曜日に突然のリストラがあったとかで、幸いにしてご主人は逃れたそうですが、かなり多くの方が職を失われたとのこと。

こんな調子で失業率も8%を越え、おまけに州の財政は破綻しているとのことなので、州からの失業保険は今、支払いがかなり遅れている様子。

いつ、これらが我が身に降りかかってくるのかと思うと、身震いしてしまいます。

何分、カリフォルニア州の州都であるサクラメントでは、シェルターの許容範囲がオーバーし、河川敷にホームレスの人たちが作るテント村が出来たとのこと。

うちもテントを買っておくべきなのかなぁ・・・・と、冗談交じりながらも半分まじめに考えてみたりして・・・・・と、今回も暗い話ばかりで本当にすみません。

これが単なる杞憂で終わってくれるように、少しでもいいから、明るい見通しが出てくれることを心の底から願いたいものですね。

おりしも季節は今日からサマータイム。

明るい春がやってくることを願って、この辺りで撮った写真を最後に添付させていただきたいと思います。

この写真のように、少しでもいいから良いニュースを次回はお伝えできますように。

Dsc00354

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »