最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

引越しは中止となりました & Shasta 報告

一ヶ月ほどブログの方も空きまして、すみません。

今年の当初から動いていた引越し、というか転職ですが、始まりも唐突でしたけれど終わり?も唐突で、取り合えずご破算となりました。

うう、車売ってしまったばかりなのに(涙)

弱り目に祟り目、どうも今年はそういう年廻りらしく、残されたもう一台の方に決定的なダメージが見つかりまして、こちらもアメリカで生活を続けるのならば大金を投じて修理をするか、もしくは買い替えなければならないようで・・・・。

今しばらく、頭の(懐なんて壊滅・・・)痛い状態が続きそうです。

と、一頻り愚痴ったところで、仕切りなおしに。

またしてもShastaに行ってまいりました ・・・・・・ もう、最近は月一定例ですね。

最大の目的は例によって、癌を初めとする病気の治療によく効くといわれているお水汲みなのですが、今回は更にもう一つ。

一年の中でもたった1ヶ月しか開いていないというラベンダー畑へと行って来ました。

Dsc00448

シャスタから30マイルくらい?離れたところにある個人の方がやってらっしゃる農園です。

前の週に同僚が訪ねていて事前に情報をもらっていたのでよかったのですが、これがなかったら、かなり不安に思っていた・・・・くらい、シャスタから離れたところにありました。

また規模も、思っていたよりもちょっと小さかった ・・・・・・ けれど、一面、ラベンダーが咲いている様は見事でした。

ちなみに咲いているラベンダーの種類は、下記の2種類。

Dsc00452_2

↑イングリッシュ・ラベンダー

Dsc00459

↑フレンチ・ラベンダー

同じラベンダー種でも、種類があったんですね(無知ですみません)

色はイングリッシュの方が強く、丈はフレンチの方が長かった。

ちなみにこれらのラベンダーは有料で摘むことが出来ましたので、しっかりと摘んできました。

(お値段は100本でたったの$3(日本円で、290円くらい?)でした)

またここでは小さなお店が畑の脇に立っておりまして、ラベンダー商品を買うことができるのですが、その中でラベンダーを刺したレモネードを無料で頂くことができます。

・・・・・ うーん、これは商売というより、もはやボランティアに近いのではないか?

ちなみにこのラベンダー畑の中央には、何故か迷路があって中央にはこんな石が置かれていました。

Dsc00456

なんでも、インナーの世界を表示しているとのことだそうですが、どうやらツアーでいらっしゃったらしき日本人の方々が、「ここで拝むと願い事が叶うらしい」とのことで御祈りしてらっしゃいました ・・・・・・ 

惜しい、それならば、私も宝くじが当たるように祈っておくのだった・・・・・

(あ、でもその前に宝くじを買う方が先だなぁとセルフ突っ込み)

続きを読む "引越しは中止となりました & Shasta 報告" »

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »