最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

2009年9月11日 (金)

Snoopy 博物館 (続き・・・ようやく本編?)

結局、1週間ぐらい間が空いてしまいました、すみません・・・・・。

今週は比較的暇かと思ったのですが、仕事関係でいろいろとデータベースの変更やら、サイトの移動やらがあり・・・・サイトの移動はまだ今、実験中なので引越し完了していないのですが、いろいろ調べたらやっぱりこちらのプロバイダーの方が安かった・・・。

ここはまた引越しか?!とも思いましたが、ふと考えれば開店休業でもあることだし、閉めるべきなのかもしれません・・・・。

っと、脱線しました。取り合えず、続きの博物館探検記?です。

スヌーピー博物館、これを含めていいのかどうかわかりませんが、大雑把にみると、スヌーピーの原画が展示されているC.M.Schulz Museumと、スケートリンクとちょっとしたフードコートが一緒になてっている建物、そしてギフトショップの3つに分かれています。

有料なのは、C.M.Schulz Museumのみ。

料金は2009.9月現在で大人8ドル、高校生以下は5ドル。

Dsc00727

↑ 博物館に入ってすぐのロビーに記念硬貨を作ることができる機械があります。

勿論、図柄はスヌーピー。

ちなみに、こちらの観光地ではあちこち、その場所をデザインした硬貨をつくる上のような機械がおいてありますが、 おどろくべきことに、これらの記念硬貨の材料となっているのが1ペニーの硬貨。

これを代金と一緒にいれると機械がそのペニー硬貨を押しつぶし、そこにデザインを刻印するという仕組みです。

(デザインは選べる場合もありますが、今回は4種類からランダムに刻印となっていました)

・・・・・・・日本では全く考えられない、大体やったら、犯罪ですよね、そもそも。

これも所変われば、というところなのでしょうか・・・・。

ちなみに代金は材料の1ペニーと他、50セントの合わせて51セント。

我が家もチャレンジして、ライナス君をゲットしました。あー、スヌーピーの刻印、あたればよかったのになぁ・・・。

さて、博物館の中はスヌーピーの原画で一杯。

原画は話には聞いていたのですが、思っていたよりも大きく、小さいなものでも大体ひとつのこまが20センチ四方といったところです。

これらの撮影については残念ながら禁止となっていて撮影できませんでしたが、その代わり?!この博物館の名物ともいうべき壁画を御覧ください。

Dsc00771

この壁画、タイルひとつひとつが漫画となっています。

ちなみに、この壁全体でタイルは3588個くらい?(3788個だったかも・・・あやふやですみません・・・・ちなみに10年分の原稿だそうです。ひぇ~~)

またトイレの中も、これらと同じタイルで作られておりました。

(お食事中の方もいらっしゃると思うので、御覧になられたい方は続きを押してください)

続きを読む "Snoopy 博物館 (続き・・・ようやく本編?)" »

2009年9月 7日 (月)

Snoopy 博物館 (Schulz Museum )へ行ってきました

この地に住み着いてから早や11年となるのですが、ふっと考えたら、この辺りですら余り出かけていないことに気がつき、これではいかん!ということで、まずは身近なところから、ということで、この三連休の1日を使うことを決意。

そこで何処へ行こう?と考えたときに、前からなんとなく行きたかったなぁと思っていたスヌーピー博物館を思い立ち、出かけてきました。

それにしても、何故スヌーピーなのか?といえば、気がつけば。私の身の回りには凄い数のかの犬のグッズがあふれていたんですね~、そんなに熱烈なファン!っていう訳ではないんですけれど。

でも改めて今、キッチンから書いているんですけれど『目の前にあるものだけでも』あげてみると、銀行のチェックブック、電動カキ氷機、クッキージャー、マグカップ、ポット、マット。

この勢いでリビングなんぞに足を踏み入れようものなら・・・と、自分でも唖然。

以前、某書で「一部屋に100匹以上のアヒルグッズを飾っていながら、自分ではそのことに気づいていなかった人」の話を読んで、そんなことってあるのかと思っていたのですが、何が、何が。

その人に負けじ、劣らずなのではないかと改めて反省。

もっとも、その老婦人は自分でその原因をつきとめ、整理したようですが、私の場合は何故だか分からず。

それなら、毒を喰らわば・・・ということで、今回の小旅行を決行するに至りました(すみません、長い前置きで・・・)

ちなみに、この博物館がある街Santa Rozaまでは私の家から車で2時間、とのこと。

2時間なんて大したことないとたかをくくって出かけたのはいいのですが・・・・忘れていました、この連休。

サンフランシスコ内湾を結ぶ3大鉄橋のうちのひとつ、ベイブリッジが工事のために閉鎖されていたのでした・・・・

その影響で迂回路のひとつであるゴールデンゲートブリッジが大混雑。

ただでさえ観光客の多いこのルート、なんと抜けるまでに1時間半もの時間を費やしてしまったのでした・・・・。

Dsc00718_2

↑ ゴールデンゲートブリッジの袂の駐車場も満杯の模様。

看板にも『シャトルを使え』、と出ています。

さて、ようやくゴールデンゲートブリッジを通過し、名物となっている冷たい霧も晴れ、もうひとつの観光ポイント、サウサリートもなんとなく通過、これで道は空くはず、と思いきや。

Dsc00720_2

・・・・・・ この先が世界でも有名なナパバレーであることを忘れていました(涙)

またしてもここからが大渋滞。

結局、自宅を10時半に出て、目的の博物館についたのが午後2時半。

4時間も掛かりました・・・・あぁ、こんなことだったら、片道5時間、子供たちを付き合わせるのもなぁ・・・・と今回は見送ったShastaに行けばよかったかもしれなひ・・・・。

でも、せっかく来たものは来たのだし、っと気を取り直して(実は高速を降りたあたりでまた一度、ちょっと迷ったのですが)、なんとか目的地博物館へ。

Dsc00722

↑ 入り口では、チャーリィ・ブラウンンがお出迎え。

ついでに、

Dsc00792_4

ルーシーのスタンドも。

(すみません、サイズの関係でちょっと切れて表示されてしまうようです。写真をクリックしてください)

残念ながら、彼女のフィギュアは置いていなかったのですが・・・・。

そしてついに内部へ ・・・・・・・・・ ですが、この続きはすみません、長くなったのでまた明日(前置き長く、肝心なところで終わらせるとは、ヤマト並み?!いえ、本当にすみません)

2009年9月 3日 (木)

先日見た空 2枚

Dsc00658_2

近くの日系スーパーから見た夕焼け。

雲がとても印象的でした。

Dsc00681

ここ数年、車庫に仕舞ったままにしていた10cmの反射望遠鏡を久しぶりに取り出し、デジカメを載せて月を撮ってみました。

といっても、アイピースにそのままデジカメ押し付けただけなので、画像はいまいち。

きちんとした架台買わないとだめかなぁ・・・・

« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »